スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナ雪からアイスバケツチャレンジまで~日々雑感~

アナと雪の女王 (ネタバレ注意)
 無意識に口ずさんでしまうほどちまたで流れている「ありのままで」ですが、実際この映画を見た人は思ったほど周りにはいなかった。私はレンタルが開始されたので、とりあえず話の種に借りて見てみた。
 感想は「ん・・・・・、大ヒットしている理由が分からない!!」 話はすごくシンプルである。  姉のエルサは触ったものを凍りつかせる不思議な魔力を持っていた。魔力を使わないためにエルサは隠遁生活を送っていたが、戴冠式で人々に自分の魔力を知られてしまったため、ショックを受けてエルサは雪深い山奥に閉じこもってしまう。その一件で、王国は雪深い冬に閉ざされた。妹のアナがエルサを呼び戻すために氷の宮殿にいき、エルサとのわだかまりを解き、王国には再び平和が戻った。
 まず、話が短く、正味80分くらいというのがびっくりした。従って消化不良の部分が多い。「ゆきだるま作ろう~」はどこで歌われるのかなあなんて思っている暇も無く、冒頭で歌われてしまうし、「ありのままで~」も前半部分で歌っておしまい。そもそも、エルサにこのような魔力があることの理由が分からない。せっかくの「ありのままで~」も魔力を思い切り使って、雪深い山奥に逃げるときにうたわれても、「それでいいの?」としか思えない。真実の愛が魔法の力を弱めるといわれても、真実の愛がどうして芽生えたのかよく分からない。また、ストーリー展開にさほど影響が無いゆるキャラのオラフの存在や、雪の中で逃げ回る映像などはジブリアニメの二番煎じのような気もする。
 もう少し、丁寧に人物やストーリーを描いた方がいいのでは無いだろうか? ラプンツェルの方がまだよかった気がする。さらに言うと、「ウォーリー」や「レミーのおいしいレストラン」の方がはるかにいいアニメだと思う。あれっ?これってディズニーじゃなかったっけ?

 安倍首相 空白の1時間?
 広島の土砂災害の時に連絡を聞いた後も1時間ゴルフをしたとかで久しぶりに民主党が、水を得た魚のように批判しています。もう、あほらしいの一言です。どこぞの大統領が空白の6時間とか言われていますが、内容が全く違う。連絡が全く取れないという訳でなく、連絡を受けて、関係各所に指示をしたようですが、どこに問題があるのでしょうか? こういう話になると必ず出てくるのが、「道義的責任」というやつですが、一国の首相は24時間365日臨戦態勢をとっていなければいけないのでしょうか? 彼にも休み権利はあるし、それを可能にする組織も命令系統も存在するはずだ。 
 政治家は極論を言えば、「結果責任」を負えばいい。彼の場合も、その指示が適切で無かったとしたら、そのことに関しては批難されてもしかたがない。そして、被災された方々に対して今後どう対応するかが、我々が注視すべき事柄である。無意味な批判を繰り返すのでは無く、民主党には、初動体制の結果と、今後の取り組みについて指摘して欲しいものだ。

 アイスバケツチャレンジ
 これって、セレブの会員制倶楽部の余興ですか? なんか素直に見ていられませんね。初期のmixiの感じに似ています。招待されないと入れない、閉じられたSNSなんともいえない優越感がありましたね。「私はじつは彼と知り合いなんです」というセレブ同士の友達の輪を見せびらかし、「私はこんな事もできるお茶目な一面もあるんです」という自己顕示欲もちらほら見え隠れしています。そもそも、寄付するか氷水をかぶるかなら、黙って寄付すればいいじゃ無いの。そして、不幸の手紙のように3人に回していくというのもねえ。まあ、あと一週間もすれば収束するでしょう。
 
スポンサーサイト
プロフィール

Banana  fish

Author:Banana fish
村上春樹をこよなく愛する者です。タイトルは「風の歌を聴け」に出てくる台詞から引用しました。タイトル通りにありふれた現実と美しい映画や文学について書いていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。