スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマミシュラン 2012秋

 秋ドラマが始まりました。最近はドラマの開始がかなりばらけているので、ドラマチェックが大変です。気がつくと終わっていたりして。今クールは、というか今クールも低調ですね。もはや日本のドラマに明日はないのか?しかし、いい加減韓流ドラマばかりの番組編成は何とかならないものだろうか? 少し前の日本のドラマを再放送した方が、クオリティ的にも経済的にも精神的にもいい気がしますが。かくいう私は、今アメリカドラマがブームです。DlifeというBS放送が今一番見ているかもしれません。アメリカのドラマのクオリティと金のかけ方に驚きます。無料でこんなドラマが見れるとはいい時代になったものです。 話がそれてしまいました。

宮部みゆきミステリー「パーフェクト・ブルー」  ★★
 「7年前に自殺した父の真相に迫る」物語の展開を横軸に、短編集のエピソードを縦軸にして、1話完結スタイルのミステリーとして描く。民放初主演の瀧本美織が演じるのは、女ばかりの探偵事務所に勤める新米調査員・蓮見加代子。
 まあ、それなりにまとまっているミステリーですが、推理自体にはたいしたおもしろみはありません。TBSのドラマも無難な線ですね。まあ、可もなく不可もなく。

PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん! ★
 どこからとっても、金太郎飴のようなキムタク。もはや人間国宝の域です。この人はどのドラマでも自分を変えられないんだろうなあ。結局、コメディドラマはみんなスマスマになってしまいます。さて、会社の社長の隠し子のキムタクが、社長の死後、実子の副社長に、情報漏洩の濡れ衣を着せられて懲戒解雇され、家を爆破される。そして、一文無しになって、人々の助けの中でお金の大切さや人の大切さを学びながら、最終的には社長になる。まあ、そういった展開でしょう。ここで一言、 「あるわけねえだろう、こんな話!」

遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル ★★
 働き口がない、自分の居場所が見つからない、将来に夢も希望も持てない…日本のリアルな現実を背負ったロスジェネど真ん中の男女7人が、四万十川の大自然を前にして自らの希望や夢、秘密と向き合っていく。
 この手のパターンは古くは「あすなろ白書」「不ぞろいの林檎たち」でもありましたね。舞台が四万十で、過疎地域の現状をリンクさせているあたりが新鮮でしょうか。 しかし、こんな田舎に美男美女ばかりと言うのが少しリアリティがないかな。キャスティングで工夫がほしかったな。

ゴーイング マイ ホーム ★★
 力はいっています。監督、脚本是枝裕和 阿部寛、山口智子、民放地上波の連ドラは10年ぶりとなる宮崎あおいの他、西田敏行、吉行和子、夏八木勲、りりィ、YOU、安田顕、阿部サダヲ、新井浩文、バカリズム
画面から出てくる空気感は映画です。普通のホームドラマを期待してみると、違和感を覚えると思います。 話の内容といい、雰囲気という彼の作品「歩いても歩いても」と同じ気がするんですが・・・ 異色のドラマです。 山口智子でなくても良かった気がしますが、視聴率が上がるとは思えないので、彼女の評価にどう影響するか心配ですね。


東京全力少女 ★
上京したての東京一年生。かわいくて明るいけれどやることなすこと破天荒で空回りしてしまう猪突猛進娘で、15年ぶりに再会した父親の再婚に一肌脱ぐことで人間的にも成長していくというストーリー
武井咲さん、ドラマでまくりですね。前クールと打って変わって、元気一杯の役柄です。前回、お願いしたような役柄ですが、ちょっとやりすぎかも・・・ 演技が空回りしています。 普通の元気な高校生をやってくれないかなあ?

捜査地図の女 ★
 テレ朝=刑事物 これはいいですが、キャストが地味。 話も京都の地図を眺めて解決すると言うのが地味。

レジデント~5人の研修医 ★
 医療現場が抱える様々な問題を背景に、個性豊かなこの5人の研修医が大学附属病院の救命救急センターを舞台に、火花を散らしながらも一人前の医師となっていく姿を描く。
 警察学校だったり、空港だったり、この手のドラマはもういいかな。若者の生意気さが鼻についてしまいます。

結婚しない ★
 30代~40代前半の女性の未婚率が最高を更新する現代事情を背景に、結婚しない女性たちの恋愛や友情、仕事をリアルに描く。 昔は「29歳のクリスマス」などというドラマでやっていた内容ですが、ただ単に女性の年齢が上がっただけのような・・・ 菅野美穂の年齢とともに対象年齢が上がっているだけで、話の内容や、精神年齢も全く変わっていない気がします。 

勇者ヨシヒコと悪霊の鍵 ★★
 国民的人気を誇る某RPGの斬新なオマージュ作品で、山田孝之ら勇者達が繰り広げる、予算の少ない冒険活劇の第二弾。2011年夏に連続ドラマとして放送され、脚本・監督の福田雄一の独自の笑いと非常識な冒険ストーリーが多くの視聴者に支持された。
 第一作に勝るとも劣らないくだらなさ。でも、このゆるさとくだらなさは秀逸です。一番楽しみかも。

悪夢ちゃん ★☆
 恩田陸の小説「夢違」を原案に、絶望的な運命を自らの力で希望ある未来に変えようと奮闘する人々の姿を描くSF学園サスペンス。北川景子演じる、腹黒くて人を信じない小学校教師の主人公が、予知夢で未来が見えてしまう少女との出会いをきっかけに悪夢のような世間の危機を救っていく。
 北川景子ファンなので、見ていますが、彼女にはこういったちょっとコミカルな部分がある役が一番似合います。「謎解きは・・・」もそうでしたが。

MONSTER ★★
 嫌われ者の変人と超セレブお坊ちゃんの凸凹刑事コンビが繰り広げる痛快ミステリー。セコくて姑息だがなぜか言葉遣いだけは極端に紳士的な刑事を香取慎吾、御曹司で正義感にあふれる新人刑事を山下智久が演じる。
う~ん、「ATARU」と「鍵のない部屋」を足して二で割ったような感じですね。香取慎吾の変人ぶりがちょっと極端すぎて引いてしまいます。推理ものしてはおもしろいかも。

BONE ★★☆
 アメリカのドラマは金のかけ方が違うなあ。どの回も映画にしてもいい気がします。死体がリアルすぎて怖いですが、脚本がよく練られている感じがします。

LOST シーズン2 ★☆
 脚本がやはりうまい気がいます。 文字通りLOSTしている人々ですが、登場人物一人一人が人生にLOSTしている描写社も織り交ぜ、「運命のボタン」なる(この発想はすばらしい!)ものを登場させて、視聴者もLOSTさせてしまう。うまいです、惜しいことは、展開がのろすぎること。

MISSING ★★☆
 これまたすごいドラマです。映画にしてもヒット間違いなしの、毎回次はどうなるんだろうと思わせてくれる連続ドラマの王道を言っているドラマですね。しばらくすると黒幕が分かってしまうのですが、今後の展開も目が離せません。
スポンサーサイト

テーマ : ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Banana  fish

Author:Banana fish
村上春樹をこよなく愛する者です。タイトルは「風の歌を聴け」に出てくる台詞から引用しました。タイトル通りにありふれた現実と美しい映画や文学について書いていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。