スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お悩み相談

質問者

 こんにちは、実は隣人のことで困っております。
 私どもの地域は昔からミカンを栽培して生計を立てております。話は私の祖父の時代に遡りますが、隣人の祖父は農業を全くせず、今までの蓄えを切り崩して生活していたようです。私の家の畑と隣人の畑は隣同士にあり、隣人の畑がどんどん荒れ果てていき、雑草が生い茂り、自分たちの畑まで雑草が侵蝕していくことを大変恐れました。そこでやむなく祖父は、隣人に掛け合って隣の畑もまとめて栽培することにしました。隣の家には5人の息子がいたので、彼らに栽培の仕方など教えながら、彼らには生産高の一部を給料として与えることにしたそうです。
 
 それから数十年の間そのような関係が続きましたが、祖父達が無くなって私の父親の代になった今から50年くらい前に、行政による土地の区画整理が行われ、地権者を明確にしなければならなくなりました。そこで、父は隣人の畑を返すことになり、その際に当時のその畑の生産高の3倍にあたるお金を借地料として払いつつ、土地を返却しました。その後も、父はなにかと隣の面倒を見て、耕作機械の購入費用を工面したり、技術指導などを行っていました。

 そして、夫の代になり立場が大きく逆転してしまいました。ここ10年くらいの不況のあおりを受けて、みかんがなかなか売れず、畑を手伝ってもらっていた人々にやめてもらうと、隣の畑で手伝い始めて、ここ最近工夫してきた栽培方法などをそっくりまねするようになりました。そして、私どもの半値に近い値段で大量に売りさばき、ここ数年は生産量も生産高も隣人の方がよくなってしまいました。

 その頃からです。隣人がことあるごとに「昔、畑を無理矢理奪われて、父親達がこき使われた。謝罪しろ。補償しろ。」と言うようになりました。そして、近所に触れ回り、最近では遠くの自治会まで行って、私たちの悪口を言っています。夫は「本当の事は黙っていても明らかになる」と悠長なことを言っていますが、毎日毎日ご近所で同じような悪口を聞かされてはたまったものではありません。
 こんな状況ですが、何かよい解決策は無いでしょうか?
                                                            ミカンの花

回答者

 おたより拝見しました。冷静に書かれていますが、あなたのふつふつとわいている怒りが手に取るように分かります。
あなたの怒りは大きく二つに分けることができると思います。ひとつは、今までずっと鼻にもかけなかった隣人が自分たちよりも稼ぎがよくなってしまったことに対するやっかみ。そしてもう一つは、恩を仇で返すかのような、隣人の執拗な悪口と告げ口に対する怒りです。
 さて、結論から申しますと、よい解決策はありません。あなたがいくら言葉を尽くして今までのことを語ったところで、隣人が納得することはありません。あなたにとって真実であることが、相手にとって真実であるとは限らないからです。歴史とは数学の公式や物理理論のように絶対解が存在するわけではありません。歴史は事実に解釈をつけてできた作品です。事実が一つであろうと、解釈を変えればプラスがマイナスにも成ります。さらにたちが悪いのは、事実もねじ曲げたうえで、それに解釈をつけて歴史としても、第三者には気づかれないことが多々あることです。
 では、旦那さんが言っているように何もしなくてよいかというと、そうでもありません。まず、真っ先にやるべき事は周りの人々の誤解(あなたにとってのですが・・・)を解く努力をすべきです。客観的に証明できる事実にあなたの解釈をつけてしっかりと説明するのです。嘘も百回言えばみんな本当だと思います。そうならないように早急に手を打つべきです。
 もう一つすべきことは、隣人と上手につきあうことです。恐らく顔も見たくない事でしょうが、冠婚葬祭や災害時などはどうしても一緒に行動しなければ成りません。そのためにつかず離れずの関係を保つ必要があります。別に愛想笑いをしたり、話したくも無いときに話題を振る必要はありません。ビジネスライクに必要なことを必要なときに話すだけでいいと思います。
 代々続いている家ですので簡単には引っ越しはできないと思います。隣人はそういうものだと一種の諦観を持ってつきあうことを進めます。

                                                                                                                       
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

はじめまして!あるブログを拝見していたら、このブログに出会いました。私もブログを開設しています。「鬼藤千春の小説」で検索できます。一度訪問してみて下さい。

有り難うございます。

「鬼藤千春の小説」のブログへ訪問いただきまして、有り難うございます。今後ともよろしくお願い致します。
プロフィール

Banana  fish

Author:Banana fish
村上春樹をこよなく愛する者です。タイトルは「風の歌を聴け」に出てくる台詞から引用しました。タイトル通りにありふれた現実と美しい映画や文学について書いていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。